新入荷

自家製カラスミ

毎年ボラの卵巣が市場に出始めると、いよいよ年末だなと感じます。
飲食店にとっては最も忙しい時期にはいっていきますので身の引き締まる思いも感じます。

高級食材と言われるカラスミも自分で作ると幾分お値打ちになります。このカラスミの材料がボラの卵巣なんですが
出始めは非常に高価で年末にかけて徐々に下落していきます。ボラの卵巣がカラスミに仕上がるのに一ヶ月程度。
お正月のおせちに間に合わせるべく11月中旬が需要のピークになるようですが、その後はどんどん値下がりして
ある日急に入荷が止まります。

当店ではおせちは関係ないので毎年最安値を狙って年末にチキンレースが始まるのですが、去年は欲張りすぎてレースに敗れ
一本も買えなかった苦い経験を生かし、今年は早めに仕入れることにしました。
IMGP1026
まずは血抜きをして3日ほど塩漬けにします。
このグロテスクな卵巣が、美しいベッコウ色のカラスミに変化していく様子を数日後にこちらにアップしていきたいと思います。

地ビールが入荷しました

オープン当初から取り扱っておりました犬山地ビールローレライでしたが、安定して入荷しにくくなってきまして
欠品状態が続いておりました。
結局メニューから消したのですが、やめてみると「やめちゃったの?好きだったのに」と言われることしばしば。

どうしたものかなと考えあぐねておりましたところ、岐阜のバーテンダのU沢君から一本の電話が
「今度、犬山の金シャチビールの工場に見学に行くんですけど何駅で降りたらいいですか」と彼

「なに言ってんの?金シャチビールは名古屋のビールだろ?寝言は寝てから言おうね湯〇君」と私

「そっちこそ何言ってるんですか?もっと勉強した方がいいですよ」と捨て台詞をのこし電話を切られ、その電話で即酒屋さんに確認の
電話をいれたところ
「ご存知なかったですか?金シャチビールは犬山で造ってますよ」との回答

早々資料を用意してもらい 先日お試しで1ケース入荷いたしました 同時に勢いあまってイタリアビールのメッシーナも入荷してしまいました

金シャチビールは種類が豊富で全てをそろえるのはスペース的に難しいので一種類づつ無くなり次第入れ替えでご用意しようかと考えております
IMGP0940

カルチョフィ入荷

カルチョフィ  一般的にはアーティチョークと呼ばれる植物でおもに若いつぼみを食べます。
イタリアのスーパーでは普通に売っているこの野菜ですが、チョウセンアザミという和名があるものの
日本の、少なくともこのかいわいの市場では見たことが無く、日本では栽培出来ないんだろうなと勝手に思っておりました

先日、浜松市のイタリア料理店ラ ランテルナのシェフのりさんから一本の電話が
[広島の親戚がカルチョフィを収穫したのでおくりましょうか?]
とのこと。翌日には宅配便でダンボールの箱が手元にやってきました。

早々開封してみると、やたらと広島カープの記事が目に付く、少し違和感のある新聞紙に包まれたみごとなカルチョフィが大量に。

何年かぶりに手にするカルチョフィ、遠い記憶を辿りながら下処理を済ませ、これを書いております
どう料理しようか思案中ですが、休み明けの水曜日から黒板のメニューに登場すると思います。
IMGP0930




恵那市瑞芳園 

ランチの食後にコーヒー、紅茶をご用意しておりますが、紅茶に関しては正直無関心でして、
イタリア料理店だし、喫茶店のような凝った紅茶を用意するのも実際問題難しいし、それでもいい紅茶ないかなーと
探してるような探してないような、、、

そんな折、近所のカフェの店主から紹介していただいたのが、岐阜県恵那市にある瑞芳園の成瀬氏でした。

サンプルを頂いて試飲してみたところとても香り高く値段もランチに使える範囲、農場見学をしたいとお願いしたところ
快く承諾していただいて、本日農場を案内していただきました。

瑞芳園は創業35年、恵那市では唯一のお茶園で案内していただいた成瀬範紘氏は二代目、彼が日本茶の葉を使った和紅茶
に取り組み始め、最近商品化されたそうです。

恵那市中心街より北に15分ほど登った高台にある、無農薬で化学肥料は一切使わない茶畑は、月並みですが空気がおいしく
遠くの山々が見渡せる最高の環境でした。
夢中でカメラのシャッターをきりまくって、氏にHPで写真を使う了解をいただき、早く写真をブログにアップしたいなー
と帰宅早々パソコンに向かっているのが今現在。
カメラを取り出しメモリーカードを出そうと思ったら、なんとカードが入ってない!
2分ほど放心してました。メモリーカードが入ってないのに軽快なシャッター音が鳴るカメラに苛立ちを感じつつ、仕方が無いので
パッケージだけ。
IMGP0915
ふだんはコーヒー派の方も一度お試しください

瑞芳園 岐阜県恵那市南小田町1-95 

ワインのお供に

定番のメーニューとなっております、生ハムとサラミの盛り合わせ。

ミラノサラミ、ナポリサラミ、コッパと三種類盛り合わせてましたが、新商品が加わりました。

スペック 
豚のモモ肉を塩漬けにして、燻製にした生ハムの一種です。
マイルドな薫香が食欲をかきたてます。

黒トリュフ入りサラーメ トスカーノ
トスカーナ産のトリュフ入りのサラミです。切った瞬間に漂うトリュフの香り、
トリュフ好きには堪らない、個人的に一番お気に入りのサラミです。
一皿3枚盛り付けてますが、オーダーが入るたびに1枚つまみ食いしてますので、
25%は自分で消費してる計算になります(汗)

ワイン、スプマンテもちろんビールにもオススメです。

IMGP0914

ワイン新入荷しました

20140116-150849.jpg

赤ワインが新入荷しました。

ルペストロ ロッソ ウンブリア 2011

【品種】メルロー80%、サンジョヴェーゼ20%
【産地】イタリア・ウンブリア
【ボディ】ミディアム

メルローから果実味をサンジョヴェーゼから心地よい酸味をうまく引出しており、香りはマラスキーノ・チェリーやフランボワーズ等の完熟した赤い果実の香りが主体。スミレの花の香りも感じられます。

グラスでもご提供させていただきます。

ワイン新入荷しました!

20131227-115322.jpg

グラスワイン、赤&白共に新入荷しました!
もちろん、ボトルでも承ります♪

赤ワイン:バルベーラ・ダルバ
品種:バルベーラ

ブラックチェリーやブラックベリーのコンポート&リキュールに、すみれの花、黒こしょうや甘苦系スパイス、ほのかなカカオや土などの香りが調和。

ミディアムボディですが、
フルボディに近い飲み応えのあるワインです!

白ワイン:フェウド アランチョ インツォリア 
品種:インツォリア

レモンのような酸のきりっとした果実、白い花やミネラルの香り。
洋ナシやメロンのような果実味豊かで、酸とミネラルできりっとした印象。

口をすっきりさせてくれる、辛口ワインです♪

他にも、グラスで赤白一種類ずつ、
スパークリングワインもミニボトル(2杯分)でご用意しています♪

寒い夜に温かい料理と一緒にワインもお楽しみ下さい(-´∀`-)ノ

Copyright© osteria mantovana All Rights Reserved.