ブログ

春のコースメニュー

2月のコースメニューを更新せねばと思いながら10日になってしまいました(汗)
今回は春のコースメニュー¥3500の例ってことで。

         口取り  春野菜のボリート
通常お肉を使ってメイン料理として供してますが、ここでは豚肉のブロードで春野菜を軽く炊いて口取りといたしました。
IMGP0897
    antipasto 鰆のポワレ フキノトウのソース添え
以前に紹介いたしました、ルーチョ イン サルサのアレンジです。ここではマントヴァの伝統に則ってポレンタを添えます。

primopiatto アスパラと自家製パンチェッタのリゾット 温泉卵添え
イタリア修行時代のレストランのアスパラのリゾットにパンチェッタで旨味を補いました。オリジナルは固く茹でた卵黄を散らすのですが温泉卵を添えました。

  secondpiatto   美濃健豚と春キャベツのトマト煮込み
ロンバルディアの定番料理‘カッソーラ’ 本来はちりめんキャベツを使うようですが、春キャベツを使いトマトの酸味を利かせてしあげました。

           dolce caffe

料理内容は仕入れの都合により、予告なく変わる事があります。
まだまだ寒い日が続きますが、料理から春の訪れを感じていただけたらと思います。

美濃健豚の自家製ソーセージ

オープン当初から作り続けている美濃健豚のソーセージ。
火入れの仕方は何度もマイナーチェンジしているものの、トスカーナの肉屋さんに教わったレシピを忠実に守ってます。

イタリアのソーセージには色々バリエーションがありますが、塩、コショウと少量の香辛料で作るこのシンプルな味がお気に入りです。

工場生産のソーセージは人工ケーシングという人工の腸に詰めるのが普通ですが、やはりここは本物の腸にこだわりたいところ。
当店では羊の腸を使用してます。
ところがこの羊腸が年明けから手に入らなくてしばらくお休みしておりましたが、先日、ようやく入荷いたしまして無事メニューに復活しました。

ソーセージ

塩と最小限の香辛料のみで豚肉の旨味をストレートに味わえると思います。
来週くらいが食べ頃かな。

旬のおすすめ

hukinotou日に日に暖かくなってきまして、お隣の玄関先から春の花の香りが漂ってきて、少しずつ春の訪れを感じる今日この頃。お客様から春の食材を頂きました。 フキノトウです。
昔お世話になったシェフの料理で、とりわけ印象的だったフキノトウのソース。もっぱら魚のソースに使っておられました、ケッパーの代わりに使ってるんだな~と感じましたが、なるほどケッパーもフキノトウも同じ花のつぼみ、味も香りも共通するものがある。
カボチャのトルテッリと並びマントヴァの代表的な郷土料理、ルーチョ イン サルサ。ソースの中のルーチョって感じかな。ルーチョは日本名でカワカマス、その名のとおり淡水魚です。これにケッパーとパセリをふんだんに使ったソースを添えた料理です。現地のレストランで何度も食べたんですが、何度食べてもこのルーチョが好きになれなくて、いつしかこの料理にも興味がなくなってましたが、このフキノトウのソースを応用したら面白いんじゃないかと、当時のノートを引っ張り出して作ってみました。合わせる魚はやはり春の魚タイです。伝統的には付け合せにポレンタ(とうもろこしの粉を練り上げたもの)を使いますが、ここでは春らしさを強調したかったので、菜の花のスープを添えました。ルーチョ イン サルサとは全然別の料理になってしまいましたが、日本の春を感じられる料理になったと思います。

本日のおすすめ

テレビを見るたびに、連日のように飛び込んでくるノロウイルスのニュース。牡蠣ばかりが原因ではないですが、今年から扱うのを控えておりました。
しかしこの時期の牡蠣は身が大きく非常に魅力的な素材であるのもまた事実。
今朝の魚屋さんでのこと、売れ残った牡蠣安くするから買ってくれないかとの事。今朝のニュースが頭によぎり躊躇したものの、安さにつられかってしまいました。ここの魚屋さん遅がけに行くと、たびたび売れ残りを安く譲ってくれるので非常に助かってます。
スタッフの間でハイエナとかゴミ箱等のアダ名が付けられてなければいいが~などと一抹の不安を感じつつ、ホクホク顔で帰路につきました。
話を牡蠣に戻しまして、去年まではパンチェッタと下仁田ねぎと合わせてオーブン焼きにしてましたが、ちょっと飽きてきたので、古典的ではありますが、ほうれん草と合わせてグラタンにしてみました。洋食屋さんぽいかなとも思いましたがたまにはいいかな(汗)

兵庫県産牡蠣とほうれん草のグラタン 一個500円で提供してます。牡蠣グラタン

テーブルクロス

オープン当初、テーブルクロスを敷こうか否かとずいぶん悩んだんですが、堅苦しいイメージにしたくないという思いから結局導入には至らなかったのですが、先日静岡のイタリアンレストランに行った際、豊富な種類のお酒の並んだバーカウンターと清潔感のあるテーブルクロスの敷かれたテーブルの雰囲気がすっかり気に入ってしまい、やはりテーブルクロスが欲しいなーと思いまして。一度欲しくなるともぉ欲しくて欲しくて、もぉ最終的にはテーブルクロスを敷かなくては、と強迫観念にかられ早々に業者さんに依頼して納品して頂きました。
実際しいてみると少しお上品すぎるかなーとも思いましたが、しばらく様子をみてみようかと思います。
少し堅苦しいイメージになってしまいましたが、今まで通り気楽にご利用して頂けたらと思います。テーブルクロス

1月のコース料理

オープン当初、居酒屋的なお店をコンセプトとしておりましたので、コース料理を明確に打ち出しておりませんでした。
月日が経つにつれコースの問い合わせが増えていきその都度ご予算とお好みを伺ってメニューを構成していく流れでしたが、電話の向こうで明らかに困惑しているお客様の様子が感じとれることもしばしば、、、(汗)
今年新たにHPを開設したのを機に基本となるメニューを毎月提示していこうと、今更ながら思った次第であります。
一月のコース料理        ¥3500
* 口取り  高知県産フルーツトマトの冷製カペッリーニ カプレーゼ
以前勤めていたカノビアーノの名物料理をモツァレラとバジリコでカプレーゼに仕立てました。
* 岐阜県産ササミとリンゴのサラダ仕立て
アラカルトで定番となっているメニューをマイナーチェンジしました。マントヴァの郷土料理、鳥とリンゴのサラダを真空調理を使って現代風に再構築いたしました。
* 広島産牡蠣とパンチェッタのスパゲティーニ 自家製カラスミ添え
旬の牡蠣をパンチェッタでコクと油脂を補いアクセントに自家製のカラスミを散らします、ヴェローナの高級オリーブオイル、サルヴァーニョが香りをひきたてます。
セコンドピアットはチョイスで
* 金目鯛の蒸し焼き 菜花のスープ添え
旬の金目鯛にそのアラでとったブロードで作った菜花のスープを添えてあります。新ゴボウのソテーの食感とともにお召し上がり下さい
*鴨胸肉の真空調理 ブラッドオレンジのソース添え
真空調理によりシットリと仕上げた鴨肉にシチリア産のブラッドオレンジの酸味がバランスよくマッチします。
*ドルチェ カフェ
メニューは基準ですので仕入れの都合で変わることがあります。またアレルギー、苦手な食材、逆に好きな食材、金額等フレキシブに対応させていただきますので、遠慮なくお申し付け下さい。

   

ワイン新入荷しました

20140116-150849.jpg

赤ワインが新入荷しました。

ルペストロ ロッソ ウンブリア 2011

【品種】メルロー80%、サンジョヴェーゼ20%
【産地】イタリア・ウンブリア
【ボディ】ミディアム

メルローから果実味をサンジョヴェーゼから心地よい酸味をうまく引出しており、香りはマラスキーノ・チェリーやフランボワーズ等の完熟した赤い果実の香りが主体。スミレの花の香りも感じられます。

グラスでもご提供させていただきます。

旬のオススメ

炭焼き職人のスープイタリア料理に永くたずさわっていながら、スープに関してはずっと消極的だったんですが
とりわけこの冬は、お客様からスープは無いか?と尋ねられることが多くて、今年はスープに
積極的に取り組もうと思いたってつくった、その第一弾です。
トスカーナ州出身のシェフからおそわった 炭焼き職人のスープです マレンマ地方の郷土料理だったと記憶してます。
若干アレンジして自分なりに仕上げてみました。

第3会どぶろく祭り

ドブロク
昨年、倍返し神社と話題になった三光稲荷神社をメイン会場にドブロク祭りが
今年も開催されました。
当店も加盟店として参加してます。今年は昨年より種類が増えまして

宮城県大河原町  男桜
         女桜
岐阜県郡上市   奥の奥
         奥の奥紅    の4種類になります
当店ではランチオーダー時に限らせていただきますが1杯¥400で提供してます。
開催期間は1月10日~19日と九日間ですが、無くなり次第終了とさせていただきます。

ワイン新入荷しました!

20131227-115322.jpg

グラスワイン、赤&白共に新入荷しました!
もちろん、ボトルでも承ります♪

赤ワイン:バルベーラ・ダルバ
品種:バルベーラ

ブラックチェリーやブラックベリーのコンポート&リキュールに、すみれの花、黒こしょうや甘苦系スパイス、ほのかなカカオや土などの香りが調和。

ミディアムボディですが、
フルボディに近い飲み応えのあるワインです!

白ワイン:フェウド アランチョ インツォリア 
品種:インツォリア

レモンのような酸のきりっとした果実、白い花やミネラルの香り。
洋ナシやメロンのような果実味豊かで、酸とミネラルできりっとした印象。

口をすっきりさせてくれる、辛口ワインです♪

他にも、グラスで赤白一種類ずつ、
スパークリングワインもミニボトル(2杯分)でご用意しています♪

寒い夜に温かい料理と一緒にワインもお楽しみ下さい(-´∀`-)ノ

4 / 512345
Copyright© osteria mantovana All Rights Reserved.