日が落ちるのが早くなってきて、夜は随分涼しくなってきました。夏の終わりが少し寂しくも感じますが、料理人にとっては食材が充実してくる楽しみな季節とも言えます。

先日、久しぶりに天然鮎が入荷しました。

鮎は天然に限ると考えてますので仕入れは釣り師の釣果に委ねられておりますが、今年は雨が多く稚魚の放流量も少なかったようで、久しぶりでかつ今年最後の鮎になると思います。

この季節の川を下り始める鮎は魚体は成熟して赤みを帯びてきます。鮎の香りをキュウリで補うって調理方法はよく聞きますが、この時期の天然鮎 それも飛騨川の鮎には必要ないと考えます。

料理はやはり骨と頭でブロードをとってリゾットに仕立てるのが1番好きです、毎年マイナーチェンジを繰り返している鮎のリゾットですが、今回は昔の修行先のメニュー  カエルとクレソンのリゾットのレシピを踏襲して            

鮎とクレソンのリゾット        としました


ロミオとジュリエットの街 ベローナのオリーブオイル  サルヴァーニョが鮎の繊細な香りを引き立てます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
犬山市でイタリアンレストランやバーをお探しなら「オステリア マントヴァーナ」へ
犬山観光や出張の際のランチやディナーでぜひご利用ください。
──────────────────────────────────
osteria mantovana
住所:愛知県犬山市大字犬山字東古券776
TEL:0568-61-8887
営業時間:[ランチ] 11:30~14:00
       [ディナー] 17:30~24:00(ラストオーダー23:00)
定休日:火曜日・第3水曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━